▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:「成年後見制度」ってどんな制度なの?

成年後見制度

「成年後見制度」ってどんな制度なの?

判断能力が不十分な方々の財産や生活を守る制度です。

判断能力が衰えてくると、財産を管理したり、福祉サービスを利用するための契約をする必要があっても、自分で行うことが難しい場合があります。また、訪問販売などで、よく理解できずに契約してしまい、悪徳商法の被害にあってしまうことも考えられます。

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などによって物事を判断する能力が十分でないかたについて、本人の権利を守る援助者(「成年後見人」等)を選ぶことで、本人を法律的に保護・支援する制度です。

成年後見制度には、「法定後見制度」と「任意後見制度」があります。
法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つの分類に分けられ、判断能力の程度に応じて制度を選べるようになっています。
利用するためには、いずれも家庭裁判所に審判の申立てが必要になります。

成年後見制度の種類

名称 区分 本人の判断能力 援助者 申立てが出来るかた
成年後見制度 法定後見制度 後見 判断能力が全くないかた 成年後見人 親族、弁護士、司法書士、社会福祉士など家庭裁判所が最も適任だと思われるかたを選任します。また成年後見人等を監督する成年後見監督人などを選任することがあります。 ●本人
●配偶者
●四親等内の親族
●検察官
●市町村長
など
保佐 判断能力が著しく不十分なかた 保佐人
補助 判断能力が不十分なかた 補助人
任意後見制度 判断能力があるうちに、将来に備えて「誰に」、「どのような支援をしてもらうか」を契約により決めておく制度です。 任意後見人 任意後見監督人 ●本人
●配偶者
●任意後見受任者
●四親等内の親族
など

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:「成年後見制度」ってどんな制度なの?

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.