▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:申立てはどこにするの?

成年後見制度

申立てはどこにするの?

本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

申立てをすることができるのは、本人、配偶者、四親等以内の親族などに限られています。その他、市町村長が申し立てることもできます。

四親等内の親族図

親族図

※市町村長申立てとは…
市町村長は、高齢者(65歳以上)・知的障害者・精神障害者について、その福祉を図るため特に必要があると認めるときに、後見・保佐・補助開始の審判を申立てることができます。
これは本人に配偶者または二親等内の親族がいない場合や、あるいはこれら親族がいる場合でも音信不通の状況にあるなどの事情により、親族等による法定後見の開始の審判申立てを期待できない者について、市町村長が申立てを行うというものです。

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:申立てはどこにするの?

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.