▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:「任意後見制度」ってどんな制度なの?

成年後見制度

「任意後見制度」ってどんな制度なの?

任意後見制度は、本人に十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(後の任意後見人)に自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書により結んでおくものです。
この任意後見契約は、本人の判断能力が低下した場合に、家庭裁判所で本人の任意後見監督人が選任されて初めて任意後見契約の効力が生じます。
なお、この手続きを申し立てることができる人は、本人や配偶者、任意後見受任者、四親等以内の親族などです。

任意後見制度を利用した事例をご紹介します。
本人は、長年にわたって自己の所有するアパートの管理をしていたが、判断能力が低下した場合に備えて、長女との間で任意後見契約を結んだ。その数箇月後、本人は脳梗塞で倒れ、左半身が麻痺するとともに、認知症の症状が現れアパートを所有していることさえ忘れてしまったため、任意後見契約の相手方である長女が任意後見監督人選任の審判の申立てをした。
家庭裁判所の審理を経て、弁護士が任意後見監督人に選任された。
その結果、長女が任意後見人として、アパート管理を含む本人の財産管理、身上監護に関する事務を行い、これらの事務が適正に行われているかどうかを任意後見監督人が定期的に監督するようになった。(最高裁判所「成年後見関係事件の概況」より引用)

ホームあんしんサポートセンター>成年後見制度:「任意後見制度」ってどんな制度なの?

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.