▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>空き民家「憩いの家"まさのや"」

わがまち地域福祉活動

空き民家「憩いの家"まさのや"」

市町村社協名
日之影町社会福祉協議会
実施主体
日之影町社会福祉協議会

事業・活動のきっかけ、取り組み


暖簾は地域住民の手作り。これが開所の目印となっています

 本町は、高齢化が進行し、認知症高齢者の増加とサービス不足による介護保険財政の圧迫、更に空き家の増加などの様々な課題を抱えています。

 介護保険のみに頼らない、地域住民相互の助け合いと地域の資源を活用したインフォーマルサービスの開発が不可欠となり事業を開始しました。

関わっている人たち

 社協、自治会、老人クラブ、民生委員、地域包括支援センター、障害者施設、地区のボランティア、傾聴ボランティア、子育て支援ボランティア、サロンボランティア、駐在所、家の持ち主

活動の内容・ポイント

1.活動内容

  1. 開所日
    月曜〜金曜、9時30分〜15時30分
  2. 活動内容
    (1)ミニデイサービス
     日中見守りの必要な高齢者を対象にした介護予防、認知症予防など
    (2)憩いのサロン
     地区の高齢者が気軽に集い語れる場、町営バス待合所
    (3)見守りコールセンター
     町の無料回線電話を活用した、一人暮らし高齢者の見守り活動
    (4)その他
     託児所として、障害者施設の野菜無人販売所として、ボランティア集会所として、陶芸教室など地域住民の交流の場として・・・
  3. 運営
    地区のボランティア団体、一般登録ボランティア

2.ポイント

  1. 財源
    社協デイサービス事業の収益を地域福祉事業へ還元
  2. 人材育成
    介護職員初任者研修の開催による介護人材の育成
  3. 資源活用
    空き施設を活用の「介護予防運動"筋トレ倶楽部"」(社協主催)と連携
  4. 連携
    活動から得た情報は、関係機関へ繋ぎ、新たな事業開発のため活用

課題と展望

 高齢者の短期宿泊、介護保険サービス利用日以外の受け皿、障害者の共同生活、生活困窮者の中間的就労施設など地域ニーズは多様にまた日々変化しながら存在している。

 どのようなニーズにも対応できる柔軟な姿勢で、また、地域住民を事業の主体として展開していきたい。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>空き民家「憩いの家"まさのや"」

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.