▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>地域交流会−先人に学ぶ−

わがまち地域福祉活動

地域交流会−先人に学ぶ−

市町村社協名
川南町社会福祉協議会
実施主体
唐瀬原中学校(後援:社会福祉協議会)

事業・活動のきっかけ、取り組み


廃油石鹸づくり!!

 川南町でも、地域の顔のみえる関係づくりが弱まっており、中学生もどこの学生か分からなかったり、地域の人たちも中学生から見ればどこの人か分からないといった問題がありました。そこで、唐瀬原中学校では、地域交流会として世代間交流を実施したいとの要望があり、社会福祉協議会が地域の先人(地域婦人連絡協議会、長寿会連合会)と中学校をコーディネートし実施しています。

関わっている人たち

  1. 唐瀬原中学校
  2. 地域婦人連絡協議会
  3. 長寿会連合会
  4. 社会福祉協議会

活動の内容・ポイント

 本会で実施している事業である社会福祉推進校事業助成金を活用し、川南町立唐瀬原中学校では、地域の先人(地域婦人連絡協議会、長寿会連合会)に学びながら、地域との交流活動の場づくりをしている。

カリキュラム1)匠の技伝承

 (1)草もち作り、(2)エコバック作り、(3)廃油石鹸作り、(4)一輪ざし作り、(5)切り絵手紙作りのプログラムを用意し、中学生は自分の興味のあるプログラムを選び、グループとして別れる。別れた後に、地域の先人により学びながら完成を目指す。

カリキュラム2)グラウンドゴルフ

 匠の技伝承とは別日に、グラウンドゴルフ交流会を実施、地域の先人はルールやコツを教えながら、楽しんでプレーしています。

課題と展望

 今後は、交流活動の場だけに留まらず、地域での福祉活動にも派生していけるような活動にしていく事が重要であると考えています。また、同じように、他の小中学校でもこのような活動が展開していけるよう働きかけます。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>地域交流会−先人に学ぶ−

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.