▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>地区サロン大会

わがまち地域福祉活動

地区サロン大会

市町村社協名
串間市社会福祉協議会
実施主体
地区社協・市社協

事業・活動のきっかけ、取り組み


サロン大会の様子。ゲームで競った後は歌や踊りで盛り上がります。

 市社協では、一人暮らし高齢者や高齢者世帯の割合が多くなり、地域の中でもほとんど交流する機会のない高齢者が増えてきた。平成9年度より小地域でのサロン活動(公民館単位)の推進に取り組み始めた。

 当初、市内の各サロン会の交流と親睦を深めるために会員が一堂に会して、室内ゲーム(わなげ、ゲーゴルゲーム、ボウリング)、風船バレー、カラオケなどのサロン大会を開催してきたが、サロン設置個所数が多くなり平成14年頃より市内6地域(旧町村ごと)の地区・校区社協と連携し、地区・校区社協ごとに大会を開催してきている。

関わっている人たち

 地区社協、民生委員、食生活改善推進協議会、小・中学校、行政、警察、健康づくり推進協議会等

活動の内容・ポイント

 内容については、午前中に室内ゲーム(わなげ、ゲーゴルゲーム、ボウリング等)、昼食後にカラオケを楽しんで閉会。

 ある地区では、芸達者な参加者が趣味の手品やハーモニカ演奏、駐在所からの交通安全・詐欺商法等への注意喚起。またある地区では、健康増進係の健康講話(血圧管理等)や地域住民の猪汁の振る舞いや伝統芸能(中・高校生の浦安の舞)の披露。

 またある地区では、全員参加しての抽選会や即興の踊りやダンスなどで盛り上がり、それぞれの地域に応じた取り組みで楽しんでいます。

課題と展望

 日頃は、小地域(公民館単位)で月1回程度のサロン活動を行い、年1回の上記のサロン大会を楽しみにされているところだが小地域での参加者数が年々減少傾向であり、地域内の未加入者をどう取り組んでいくのか。

 また、サロン会の未設置の地区に民生委員や自治会等に働きかけサロン活動を地域活動としてとらえどう推進していくのか課題である。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>地区サロン大会

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.