▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>西平原サロン

わがまち地域福祉活動

西平原サロン

市町村社協名
高鍋町社会福祉協議会
実施主体
西平原地区推進員・壮年部

事業・活動のきっかけ、取り組み


本日のサロンは手芸教室です。

 平成22年に始まったサロンです。西平原地区の世帯数は約60世帯、高鍋町内では世帯数の少ない地区になりますが、活動をするにはまとまりやすい戸数です。

 このサロンを始めたきっかけは、前公民館長の提案でした。

 地区内全員が集まって何かをやるという事が少なかった(定例会・敬老会・総会等のみ)ので、個人の趣味等を活かして、みんなで楽しもうかという事で、壮年部・推進員を立ち上げました。

関わっている人たち

 西平原推進員・壮年部

活動の内容・ポイント

 サロンは、月に2回、第1・第3水曜日に自治公民館に集まり、パソコン・折り紙・手芸・クラフト・料理・着付け・切り絵・くるみ絵・絵手紙等を地区住民が指導者となり、みんなで趣味を共有し活動しています。毎月22日には、手料理を持ち込み、カラオケ大会も開催しています。

 また、壮年部の活動は地区の休畑を利用して、大根・じゃがいもなどの野菜を栽培し、みんなで食事会を開いたり、年末には餅つきをして、高齢者世帯に配布したりと見守り活動も兼ねています。

 さらに、11月には西平原公民館で文化祭を開催し、サロンで出来た作品や壮年部で栽培した野菜を出品しみんなで楽しんでいます。この文化祭の時には、地区外からもたくさん見学に来られます。

課題と展望

 西平原地区は、面積も小さく、新しい住民が来ることも少なく、入れ代わりが無い地区です。今後高齢化が進むにつれ地区全体で見守りをはじめ、住民みんなで助け合う必要性があります。

 活動に参加される人数は、半数に行きませんが今後継続していきながら増やしていきたいと考えています。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>西平原サロン

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.