▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>青少年の健全育成活動

わがまち地域福祉活動

青少年の健全育成活動

市町村社協名
延岡市社会福祉協議会
実施主体
伊福形地区社会福祉協議会

事業・活動のきっかけ、取り組み


自分たちの育てたお米で餅つきを行いました。

 伊福形地区社協の活動の一環で、伊形小学校児童と校区住民のふれあい活動として、学校教師と校区住民の理解協力を得ながら、各学年別に住民と児童のふれあい活動を通して子育て支援と交流活動を行う。

 現在は、小学校と地域住民とのふれあいが恒例事業となっており、地域住民の参加が多い。

関わっている人たち

 伊福形地区社会福祉協議会、伊形小学校PTA、伊形小学校児童

  

活動の内容・ポイント

伊福形地区社会福祉協議会と伊形小学校

 1年生「自分たちで栽培した大根でおでんパーティー」「どんぐり・コマ・やじろべー作り」

 2年生「さつまいも作り」

 3年生「昔のおもちゃ作り」「昔のおやつ作り」

 4年生「古里の川の学習、井替川の今と昔について」

 5年生「米づくりから餅つき大会」

 6年生「児童・教師・区民とのふれあいグランドゴルフ交流」「花笠おどり伝承」

  • 5年生は、米づくりの仕組みを勉強し、種まきを実施し、田植え稲刈りを地区社協や地区住民の協力を得て実施。収穫した米で餅つきを行い、2年生の栽培したさつまいもを使いイモ餅を作り全校生徒にプレゼントしている。
  • 6年生の花笠おどり伝承は伊形華笠踊り保存会から児童へ文化と歴史の伝承活動を行い、運動会時に発表を行う。
  • 各学年で様々な活動を行っていますが、全て地区社協・地区住民・教員・PTAの協力を得て実施している。
  • 伊形小学校児童と校区住民とのふれあいを通じて、児童の健全育成をめざしている。

課題と展望

 地区の親子会・児童の減少の為、組織が弱体化している。児童の横の繋がりはあるが、縦の繋がりが希薄化している。また、親子会と自治会との関わりが希薄化しているため、PATにも協力をしてもらい、地域活動に参加してもらうことで地域リーダーや、校区内の地域住民との交流ができ、地域全体で児童生徒の健全育成につなげて行く。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>青少年の健全育成活動

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.