▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>ふれあい給食サービス事業

わがまち地域福祉活動

ふれあい給食サービス事業

市町村社協名
高千穂町社会福祉協議会
実施主体
高千穂町社会福祉協議会

事業・活動のきっかけ、取り組み


この日は小学生が配達ボランティアとして協力してくれました。

 平成6年度から8年度にかけてボランティアの養成講座を実施したが、同じ時期に本町でも生活支援を目的とした宅配型給食サービスの取組みが検討されていた。そこで講座受講生の方々にお願いして町民にアンケートを行った。すると希望者が多いことが分かり、この講座受講生の方々の協力を得る形で事業を開始することになった。

 当初週3回(夕食として)であったが、現在は週6回高齢者世帯、障害者世帯等を対象に実施している。

関わっている人たち

 ボランティア養成講座受講生を中心に、一般の町民の方々、そして現職や元民生委員児童委員の皆さんにも協力頂いている。また、福祉体験学習のひとつとして、隣接する小学校の児童にも声掛けしている。

活動の内容・ポイント

 高齢者に適した栄養やバランス等を考慮し、お粥食、きざみ食、透析食、また糖尿食等の特別食も提供している。

 ボランティアの方々が午後給食センターに集まり、前日の食器を洗うとともにその日の特別食、普通食の確認をする。それから調理に入る。

 出来上がったら利用者宅へと出発し、日誌に配達者の名前、配達時間、在、不在を書き込み次の利用者宅へ向かう。

 言葉を交わすことで孤独感の緩和を図り、また反応、表情、体調の変化などの確認を行うなど、安否確認にも貢献している。

課題と展望

 事業発足から17年以上経過し、当初からのボランティアを始め、携わって下さる方々の高齢化が目立つようになってきた。

 引き続きこの事業を進めて行く上で、担い手の確保が最重要課題となっており、体制についての見直しが検討されている。

ホーム宮崎県の地域福祉わがまち地域福祉活動>ふれあい給食サービス事業

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.