▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉>地域福祉コーディネーターハンドブック作成にあたって

地域福祉コーディネーターについて

地域福祉コーディネーターハンドブック作成にあたって

現在、地域の中には、高齢者の孤独死や虐待問題、障害者の自立支援に伴う受け皿の問題、子育て支援等、複雑かつ多様な課題が数多く存在します。一方で、人的資源、また社会的資源が各地域の『強み』として存在しています。地域の課題に対しては、住み慣れた地域で自立した生活を送るために『強み』である人的資源、社会資源を活用し、公的な福祉サービスに加え、インフォーマルな福祉サービスとうまく組み合わせ、地域に密着した包括的・総合的な支援が求められています。

このような中、「これからの地域福祉のあり方に関する研究会」報告においても、小地域活動を基盤とした地域生活支援システムの再編が課題とされており、地域をコーディネートする人材の必要性が示唆されています。

このことから、本県においては、地域福祉のコーディネート役となる地域福祉コーディネーターの養成を行なっております。

この地域福祉コーディネーターが地域の中でキーパーソンとなり、「知る」、「気づく」、「つなぐ」、「働きかける」、「動かす・組む」、「つくる」というキーワードに基づき活動し、顕在化してきたニーズのみではなく、潜在化するニーズにも対応できる支援システムを構築していくことが期待されています。

本ハンドブックには、地域福祉コーディネーターが地域の中でどんな役割を持ち、何が期待されているのかを広く知っていただくとともに、地域福祉コーディネーターの方々の活動マニュアルとして活用していただくために作成しました。

宮崎県においては、地域福祉コーディネーターがキーパーソンとなり、県民一丸となって、皆が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるように独自の支え合いの仕組みの構築をしていくことが期待されます。

−地域福祉コーディネーターとは−
様々な福祉施策やサービス又は福祉活動を行なっているボランティア、NPO等の情報など、地域の福祉課題を解決するために利用できる多くの手段・情報等に精通した人材で市町村社会福祉協議会職員等が考えられます。行政や社会福祉施設、各種相談機関等の関係機関・団体等と様々な調整を行いながら、地域の福祉課題の解決に向けてリーダーシップを発揮する役割を担う人です。(宮崎県地域福祉支援計画より抜粋)

ホーム宮崎県の地域福祉>地域福祉コーディネーターハンドブック作成にあたって

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.