▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉>地域福祉コーディネーターの役割5:動かす・組む

地域福祉コーディネーターについて

役割5:動かす・組む

ポイント:共通理解を図り、動かし・組んでいくことが大事です
・地域住民とともに地域を基盤にした支援を展開していきましょう。「点」から「線」へ、そして「面」へひろげていくことです。
・できることを1つずつ実践していくことで、1人の一歩が百人の一歩につながることもあります。

こころがけ:心が動けば、体が動く!!

  • 相手を動かすには、まず自分が動く!(⇒お互いの違いを認めた上で…)
  • 動かす・組む対象者に対しての自分自身の信頼度を見極めましょう。
  • 動かす・組む対象者において、時には発言力がある人・団体を把握することが大事かもしれません。
  • 話し合いなどでどの意見をどのように取り入れたかを明確にしましょう。話し合いへの参加者自身が発言したことが無駄になっていないと認識できると、今後の話し合いでも前向きに発言していこうという気持ちが起きます。また意見が反映されたから、一緒に組んでみましょうという気持ちになることも…
  • 説得ある資料作成能力と話術を身につけることも大事かもしれません。

取組事例から見えてきた地域福祉コーディネーターの動かす・組む役割

わかりやすい資料づくりや役割分担に心がけました!場を和ます雰囲気づくり…
笑いも必要!
地域からもいろいろな気づきとアイデアをもらいました…

ホーム宮崎県の地域福祉>地域福祉コーディネーターの役割5:動かす・組む

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.