▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県の地域福祉地域福祉コーディネーター実践モデル事業>こばと児童館

地域福祉コーディネーターについて

事業名

地域ふれあい事業

地域の特徴と福祉課題

地域在宅の乳幼児と保護者が集う場が少なく、家に閉じこもり孤立化してしまうことで、虐待や精神不安定を抱えるケースを耳にする。又、地域の独り暮らしの高齢者の方々が寄り添って互いを支え合う地域の輪作りも必要であると感じる。その為には、人々が家から外へ出て、安心して集まり、一時でも解放される空間、また談笑し合える仲間づくりの空間を提供することが必要である。

事業の目的

在宅で子育てをされる保護者および子どもを対象と子育て支援
地域住民の交流と地域支援

事業内容

  1. 子育て支援講座
    年齢に応じた子どもとの関わり方や対応の仕方を、法人内心理士(児童養護施設みどり学園心理士)がわかりやすく説明したり、悩み相談を受ける場。
  2. クッキング講座
    食育の観点から、楽しく子育て期の食事準備ができるよう、実際に料理を作り、又楽しく食事を共にする場。
  3. 読み聞かせ・童具あそび講座
    絵本の楽しい読み聞かせや童具(積み木の一種)で遊びながら、子ども同士、親同士の親睦を深める場。
  4. 健康教室
    乳幼児を抱える方や地域の方を対象に、産後の骨盤矯正や子どもとのスキンシップをはかるマッサージ、硬くなった身体をほぐすリフレッシュ体操を楽しみながら行う場。
  5. あそびの宝箱
    地域住民や土曜日の学童が集い、子どもから大人まで、互いに交流しながらあそぶ場。

モデル事業推進体制

  1. 子育て支援講座
    法人内心理士による講座の開設と必要に応じた相談の受入れ。
    必要に応じて地区民生委員や児童相談所,市役所へつなぎ、支援継続体制をとる。
  2. クッキング講座
    法人内調理師による食育アドバイスとクッキング。
    必要に応じて保健所や法人内栄養士と連携し、支援継続体制をとる。
  3. 読み聞かせ・童具あそび講座
    『小さな絵本屋さん』による読み聞かせ及び童具あそび講座。
    児童指導員による子どものあそびの見守り。
  4. 健康教室
    児童指導員(インストラクター有資格者)による体操教室。(治療等の医療行為はしない。)地域住民同士の交流
  5. あそびの宝箱
    児童指導員によるあそび・活動の見守り。
    折り紙や童具あそびなど、専門の講師によるあそびコーナー開催。

地域福祉コーディネーターの担う役割

  • 地域住民、地域の小学校への講座や教室開催の案内チラシ等の配布。
  • 受講時間内の託児(子ども見守り)。
  • 必要に応じた面接・相談の受け入れ。
  • 必要に応じた関係機関への情報提供と継続支援の際の連携。
    <連携する関係機関>
    ・地区区長 ・地区民生委員 ・児童相談所 ・市子ども家庭課、健康増進課
    ・当法人施設(保育園、児童養護施設、障がい者支援施設、障がい福祉サービス事業所、障がい者相談支援事業) 
    ・関係する学校,福祉施設 等

事業実施による効果

  • 少しの間、子どもと離れる時間を設定することによる保護者の負担・不安の緩和。
  • 子育ての悩みや家庭内問題の早期発見と関係機関への情報提供。
  • 孤立家庭の支援。
  • 要支援家庭の継続した事後支援への働きかけ。
  • 保護者による子どもへの虐待防止。
  • 地域住民が集い、交流して互いに情報交換をする。

ホーム宮崎県の地域福祉地域福祉コーディネーター実践モデル事業>こばと児童館

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.