▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム長寿社会推進センター>バウンドテニス:ニュースポーツガイド

ニュースポーツガイドのインデックスをスキップして、本文へジャンプ。

バウンドテニス

用具

  1. ラケット
    テニスのラケットよりグリップの短い、バウンドテニス用ラケットを用います。全長50cmです。
  2. ボール
    軟式テニスより一回り小さいゴム製ボールで、直径5.7cm、重さ30グラムです。
  3. ネット
    専用ネット、支柱が販売されています。高さ50cmです。

場所

コートの広さは、幅3メートル、長さ10メートルの長方形で、ネットは中央に張り、高さは50cmです。

体育館、運動場、駐車場などどこでも利用できます。専用の人工芝コートもありますが、専用コートがない場合は、白いテープを張ったり、チョークなどで白線を引いたりします。

人数

シングルス(1人対1人)、ダブルス(2人対2人)、ラリー戦(6人一組)

ゲームの進め方

  1. テニスとほぼ同じです。
    ゲームには、シングルス、ダブルス、ラリー戦の3種類があります。
    ダブルスでは、4人が交互に、順序どおりボールを打たなければなりません。
    ラリー戦は、1チーム6人が2組に分かれ、順番に打ち合い、決められた時間(1分間)内に、何回ラリーが続いたかを競います。1分間のラリーを2回行い、その合計回数をチームの得点とします。ボールはノーバウンドで打ってはいけません。
  2. サービスあるいはコートの選択は、ジャンケン等で決めます。
  3. サービスは腰の高さより下(アンダーハンドサービス)で打ち、初回は、右対角に行います。
    サービスは1回です。ネットに触れて相手コートに入ったときはやり直します。
  4. サーバーは、必ずサイドラインとセンターラインの仮想延長線の間でベースラインの後方から両足を地面につけて、フォアハンドでサーブしなければなりません。
  5. 全てのプレーヤーはサーバーのラケットにボールが接する以前にコート内に入ってはいけません。
  6. サービスのレシーブは、ワンバウンド後に行わなければなりません。
    ラリーは、ノーバウンドで行ってもかまいません。
  7. ダブルスのゲームは、4人が交互に打たなければなりません。
  8. サービスは、1ゲーム(4ポイント先取)ごとに交互に行います。
  9. チェンジコートは、奇数ゲーム終了後に行います。
  10. 勝敗
    [1]試合は9ゲームです。
    [2]ゲームは、4ポイント先取した方が勝ちです。ただし、3対3のときはジュースとなり、その後は2ポイント連取した方がそのゲームの勝ちです。5ゲーム先取した方がその試合の勝ちです。
  11. 次のような場合は失点となります。
    [1]サービスを失敗したとき。
    [2]相手のコート外にボールが落ちたとき。
    [3]ボールがネットにかかったとき。
    [4]自分のコートにきたボールを打ちそこなったとき。
    [5]2度以上バウンドしてから打ったとき。
    [6]サービスされたボールを、ノーバウンドで打ち返したとき。
    [7]ダブルスで、パートナー同士が、交互に返球しなかったとき。

ホーム長寿社会推進センター>バウンドテニス:ニュースポーツガイド

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.