▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム長寿社会推進センター>フライングディスク:ニュースポーツガイド

ニュースポーツガイドのインデックスをスキップして、本文へジャンプ。

フライングディスク

アキュラシー

スロー ・コントロールの正確さを競う競技です。高さ1メートルの足をつけた、一辺1.5メートルの正方形の枠をアキュラシーゴールとし、正面の13.5・22.5・31.5メートル、左右方向の13.5・22.5メートルの7ヶ所から各4投します。合計28投を7分間の競技時間内に行い、アキュラシーゴールの通過数を競います。

ディスクゴルフ

個々にディスクを持った、1組3〜4人のパーティーが各ホールに設けられた専用のゴールにディスクを入れるまでの投数の少なさを、通常18ホールの合計スコアで競います。

各ホールのティーエリアからティースローを行い、ディスクが静止した地点から、再びスローします。このとき、ディスクが静止した地点をマーカーと呼ばれるミニディスクでマークします。プレーヤーの足(または手、その他体を支える部分)はゴールからマーカーディスクの中心点を結んだ延長線上でマーカーディスクの後方30cm以内になければならず、リリースするまでこのマーカーを越えてはいけません。

また、ゴールを中心に半径10メートル以内はパッティングエリアと呼ばれ、この範囲では、スローしたあとにマーカーディスクよりゴール方向前方に手や足を踏み出してはいけません。

自然の地形を生かした立ち木等の障害に加え、マンダトリー(ディスク通過を義務づけた地点)やアウトオブバウンズ(OB)を設け、難易度に応じてホールごとに規定投数(パー)を設定します。OBエリアに完全にディスクが入った場合や、樹木の上など地上から2メートル以上の高さにディスクが静止した場合は、1ペナルティが課せられます。

ホーム長寿社会推進センター>フライングディスク:ニュースポーツガイド

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.