▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム長寿社会推進センター>インディアカ:ニュースポーツガイド

ニュースポーツガイドのインデックスをスキップして、本文へジャンプ。

インディアカ

用具

  1. ボール
    インディアカとよばれ、平らな白いボールに、赤い羽根がついています。
    全長25cm、重さ50グラム
  2. コート
    コートの広さは、長さ13.40メートル、幅6.10メートル(バトミントンのダブルス、シングルス兼用コートの外側ライン)
  3. ネット
    バトミントン用ネット
      高さ
    男子及び混合 2.15メートル
    女子及びシニア混合 2メートル
    シニア 1.85メートル

場所

体育館、グラウンドなどで行いますが、ボールが軽いため、風の強いときの野外でのプレーは困難です。

人数

1チーム4名で、1セットにつき3回を限度として競技者の交替ができます。

ゲームの進め方

  1. ジャンケン等でサービスまたはコートを選ぶかを決めます。
    サービス権を得たチームの後列右の競技者が自陣コート右後方からアンダーハンドでサーブします。
    サービスは1回とし、失敗するとサーブ権が相手に移ります。
    相手チームに打ち込まれたインディアカを3回以内(ネットにインディアカが触れたときはさらにもう1回)のプレーでネットを越して相手側のコートに打ち返します。レシーブ、パス、アタックを交えてラリーを続けます。
  2. 次のプレーは反則となり、反則のなかったチームの得点になるか、サービス権を得ます。
    [1]インディアカを打ち返せず、自陣コート内に落としたとき。
    [2]打ったインディアカがコート外に出たとき。
    [3]インディアカが肘から先以外に触れたとき。
    [4]インディアカがネットの下を通ったとき。
    [5]競技者がネットに触れたとき。
    [6]競技者がネットを越してプレーしたとき。
    [7]同一チームが4回以上、同一競技者が続けて2度以上インディアカに触れたとき。
    [8]両手打ちはドリブルとなる。
    [9]インディアカをすくったり、持ち上げたり、押しつけたり、静止した場合はホールディングとなる。
  3. 各セットは21点先取制とします。20対20になったらジュースとなり、そのあと2点を勝ち越したチームがそのセットの勝者となります。
    得点は、ラリーポイント制で行います。
  4. 3セット・マッチで、2セット先取したチームが勝ちです。
  5. コートは、セットごとに交代します。ただし、第3セットは、いずれかのチームが11点先取したとき交代します。

ホーム長寿社会推進センター>インディアカ:ニュースポーツガイド

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.