▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム長寿社会推進センター>ペタンク:ニュースポーツガイド

ニュースポーツガイドのインデックスをスキップして、本文へジャンプ。

ペタンク

用具

  1. ペタンクボール
    金属製で、表面にストライプ(線の溝)が刻んであるものが多く、他人のボールと区別しにくいときは、色を付けて区別します。
    重さ 650グラム〜800グラム
    直径 7.05cm〜8.0cm
  2. ビュット(目標球)
    木製の球で、直径は25mm〜35mm、重さは自由。目立つように、普通赤か白色に着色してあります。
  3. その他
    メジャー(2メートル位のもの)、得点用紙、ボール拭き

場所

コートは平坦地で、ある程度固い土の上が理想ですが、砂の混じった敷地や、短く刈った芝生でも可能です。(コンクリートや固すぎる面は不適)

コートの広さ:最低幅4メートル×長さ15メートル位

人数

普通、3対3(トリプルス)で行います。ただし、2対2(ダブルス)や1対1(シングルス)で行うこともできます。

各プレーヤーの持ちボールは、トリプルスでは2個づつ、ダブルスでは3個づつとし常に12個を使って試合をします。シングルスでは各プレーヤーの持ちボールは3個とします。

対戦方法 一人の持ちボール チームの持ちボール ゲームで使うボール
3対3 2個 6個 12個
2対2 3個 6個 12個
1対1 3個 6個

ゲームの進め方

  • 普通は3対3(トリプルス)で行います。
  • ボールは1人2個づつ持ちます。
  • コートは最低幅4メートル×長さ15メートルの平坦な土地に設定します。
  1. ジャンケン等で先攻を決めます。先攻のチーム(仮にAとします)の1人がコート内に直径35cm〜50cmの円(サークル)を描き、両足をサークル内に入れ、ビュット(目標球)をサークルからコート内の6メートル以上10メートル以内に投げます。
  2. 先攻チーム(Aチーム)の1人目が第1球をビュットに近付けるように投げます。この時サークルの線を踏んではいけないし、また投げたボールが着地する前に足を上げたり、サークルから踏み出さないようにします。
  3. 次に後攻チーム(Bチーム)の1人が投げ、A・Bチームのボールを比較し、ビュットから遠いチームが相手チームより近くなるまでボールを投げます。
  4. ボールはビュットに近付けるだけでなく、ビュットや相手チームのボールに当てて、相手ボールをビュットから引き離すこともできます。
  5. お互いが全員ボールを投げ終わったら、1メーヌ(1セット)が終了です。ここで得点を数えます。
  6. 点数は、相手チームのベストボール(ビュットに最も近いボール)よりも、よりビュットに近いボールの数が味方の得点となります。
    どちらのボールが近いかわからない時は、後で投げた人、またはチームメートがメジャーで測ります。
  7. 得点がわかったら、その都度勝ったチームがスコアカードに記入します。
  8. 2メーヌ以降は、前のメーヌで勝ったチームが先攻となります。勝ったチームは、前のメーヌ終了時のビュットを中心にサークルを描き、次のセットを開始します。
  9. 先に13点とった方が勝ちですので、どちらかが13点とるまでセットを繰り返します。
    ただし、参加者や時間の関係で、得点や時間を制限することがあります。

ホーム長寿社会推進センター>ペタンク:ニュースポーツガイド

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.