▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

セミナー・イベント情報のメニューをスキップして、本文へジャンプ。県社協主催情報一覧|関係機関主催情報一覧イベント開催報告一覧本文へジャンプ。

ホーム県社協主催情報一覧>「令和2年度地域における福祉教育推進研修会」を開催します。

令和2年度 地域における福祉教育推進研修会 地域でつながる、「福祉」と「教育」開催要綱

1.趣旨

今日、地域で顕在化している生活困窮や社会的孤立等、複雑多様化する課題に対応していくには、地域住民全員がお互いの様々な価値観や生き方を認め合うような意識を持ち、支えあう地域づくりを推進していく必要があります。
しかし、令和2年を迎えて以降の地域を取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染の影響により、人の移動や人どうしのふれあいが制限され、これまで福祉教育を通して伝えてきたつながること自体が難しくなってきています。
特に、子どもを取巻く状況において、学校や保護者以外も含めてのふれあい、学び合う「ナナメの」関係が作りづらくなってきており、周りの大人達を含め、住民一人ひとりが互いを認め合い、支えあうことのできる地域をどのように作りあげていくか、教育や福祉が地域に果たせる役割とはいったい何なのか、むしろ今こそ共に考えることが重要となります。
そこで、本研修では、学校と社協の協働における福祉教育ガイドブック作成の実践を取り上げながら、福祉と教育はどうしたら協働できるか、そして人々の心や生活を支えるものとなることができるか、共に考え、共に学び合うことを目的として開催します。

2.主催

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会

3.後援

宮崎県教育委員会
宮崎県市町村教育委員会連合会

4.日時

令和2年10月6日(火曜) 午後1時から午後4時30分まで

5.会場

MUKASA-HUB 1階 Co-Working Lounge
(宮崎市高岡町小山田字麓973番地2) 電話:0985-83-0306 FAX:0985-83-0307
廃校の旧穆佐小学校をリベーションしたコワーキングスペース

6.対象

教員、住民、民生委員・児童委員、ボランティア、社会福祉協議会職員

7.定員

40名程度(先着順)

8.講師

日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授 野尻 紀恵 氏

9.日程・内容

(内容詳細については今後講師等との調整により変更となる場合があります)

時間 内容
12時〜12時55分 受付
12時55分〜13時 オリエンテーション・開会
13時〜13時5分
あいさつ
13時5分〜14時25分 講義(80分)
「つながりを探り続ける福祉教育」
現代社会における様々な課題、特に貧困、いじめ、発達障がい等による学習の遅れ等、子どもを取巻く課題が深刻さを増す中、福祉教育で大切にしている視点(違いを認め合うこと、共に学び合うこと等)について再確認するとともに、「つながりの再構築」を目指して、学校、地域、関係機関がどのように協働して取組んでいくべきかを考えます。
◆講 師
 日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授 野尻 紀恵 氏
14時25分〜14時40分 休憩(15分)
14時40分〜15時40分 事例発表(60分)〈発表20分×2+質疑応答〉
「地域でつながる、『福祉』と『教育』」
今回は、「小中高校の発達段階に応じた福祉教育の開発」を中心に、学校と社協(地域福祉関係者)の協働によって作成された福祉教育ガイドブックについて、その内容や作成過程について学びます。
◆発表者
  「福祉教育ガイドブックの作成の意図及び活用について」(仮)
   都城市社会福祉普及推進校連絡会 会長 間世田 昇 氏
  「福祉教育ガイドブックの作成までのあゆみと今後の展開」
   都城市社会福祉協議会
15時40分〜16時20分 意見交換(40分)
 (内容)
  講義への質問
  コロナ禍の状況における、福祉教育推進上の学校と地域との連携や地域福祉活動の課題等
◆進行・ファシリテーション
   日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授 野尻 紀恵 氏
16時20分〜16時30分 まとめ(10分)
   日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 教授 野尻 紀恵 氏
16時30分 閉会

10.参加費

無料

11.参加申込方法

別添「参加申込書」に必要事項を記入し、令和2年9月18日(金曜)までに下記事務局あてにFAXでお申込みください。ただし、先着順で締め切りとします。(締め切りの場合、本会ホームページに公表します。)

12.個人情報の取扱い

市町村名、事業所名、氏名、役職を記載した参加者名簿を作成し、参加者に配布します。その他、参加申込書に記載された個人情報につきましては、本研修の運営のみに使用し、他の目的に使用することはありません。

13.緊急時(荒天時)等の対応について

緊急時(荒天時)等により開催を中止すると判断した場合のみ、開催日前日の正午までに本会ホームページでお知らせしますので、御確認ください。

14.駐車場について

会場となる「MUKASA-HUB」(下図)は利用できる駐車場に限りがあります。
  出来るだけ乗り合わせていただくか、公共の交通機関を御利用ください。

(車)
宮崎駅から24分(11.8km) 国道10号線 経由
宮崎空港から29分(24.1 km)県道13号線 経由
宮崎インターから19分(12.4 km) 県道9号線 経由
(路面面バス)
宮崎駅〜穆佐小学校前バス停40分 10本/日
デパート前〜穆佐小学校前バス停35分 10本/日

15. 留意事項

参加者の皆様には、以下の御協力をお願いしております。あらかじめご留意くださいますようお願いします。
・ 発熱等の風邪症状がみられる場合は参加を見合わせてください。(状況によっては参加をお断りすることがあります。)
・ 参加にあたっては、マスクの着用・手指の消毒・咳エチケットの励行など感染症予防対策にご協力ください。
・ 会場では、休憩時間等に窓等を開放し、換気を行います。
・ 参加者数を制限して可能な限り受講者の離間距離を確保しています。休憩時間についても一定の距離を保つようにお願いします。
・ 万一、参加者の感染が確認された場合で、保健当局において、他の受講者が濃厚接触者に該当すると判断された場合、参加者の連絡先等の情報提供が要請される場合があります。公益性の観点から、このような要請があった場合は、保健当局等に対して情報提供をさせていただくことがありますので、あらかじめ御了承ください。
・ 感染状況の推移及び借用会場の都合等により、急遽開催を延期又は中止させていただくことがありますので御理解・御協力をお願いします。  

16.参加申込み先及び問合せ先

会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 地域福祉部
地域・ボランティア課(宮崎県ボランティアセンター)/担当:井上
〒880-8515 宮崎市原町2-22 宮崎県福祉総合センター内
電話:0985-25-0539 FAX:0985-31-6575
E-mail:vcmkensha.or.jp


ホーム県社協主催情報一覧>「令和2年度地域における福祉教育推進研修会」を開催します。

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.