▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム>社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会職員採用試験(大学卒業程度)案内

平成28年度 社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会職員採用試験(大学卒業程度)案内

平成28年9月1日         
社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会
〒880-8515 宮崎市原町2番22号
宮崎県福祉総合センター内

採用予定人数及び職種

採用予定人数 若干名
職種 一般事務

受験資格

年齢
学歴等
1.昭和62年4月2日から平成7年4月1日までに生まれた者
2.平成7年4月2日以降に生まれた者で、大学を卒業した者若しくは平成29年3月31日までに卒業見込みの者又は宮崎県社会福祉協議会がこれと同等以上の学力があると認める者
資格 社会福祉主事任用資格を有するに必要な課程を3科目以上履修している者
<注意>資格内容は、「社会福祉主事任用資格に関する科目指定」を参照のこと。
欠格要件 次のうちいずれかに該当する者は受験できません。
1.成年被後見人又は被保佐人。
2.禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者。
3.日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者。

試験の日時、場所及び合格発表

試験 試験の日時 場所 合格発表
第1次試験 平成28年10月29日(土曜)
受付:9時〜9時30分
説明:9時40分〜10時
試験:10時〜15時
宮崎県福祉総合センター
宮崎市原町2番22号
平成28年11月10日(木曜)
県福祉総合センター掲示板及び本会ホームページに掲示するほか、合格者のみに文書通知します(電話による合否の問い合わせはできません。)
第2次試験 平成28年11月20日(日曜) 平成28年12月上旬に、県福祉総合センター掲示板及び本会ホームページに掲示するほか、合格者、不合格者のいずれにも文書通知します(電話による合否の問い合わせはできません。)。
第3次試験 平成28年12月11日(日曜) 平成28年12月下旬に、県福祉総合センター掲示板及び本会ホームページに掲示するほか、合格者、不合格者のいずれにも文書通知します(電話による合否の問い合わせはできません。)。

試験の方法

試験 試験の種目 時間 試験の内容
第1次試験 教養試験 120分 社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理、数的推理及び資料解釈に関する一般知能についての多肢選択式による筆記試験
専門試験 120分 社会福祉に関する専門的な知識その他の能力についての多肢選択式による筆記試験
第2次試験 論文試験 60分 表現力、判断力、文章構成力、課題に対する知識、その他の能力についての記述式による筆記試験
人物試験 適性検査、個別面接
第3次試験 集団討論 90分 組織で業務を行う際に求められる基本的な性格や対人能力についての集団討論による人物試験

受験手続き

申込書の
取得方法
次のいずれかの方法で取得できます。
1.本会ホームページから「平成28年度職員採用試験受験申込書(PDFファイル:159キロバイト)」をダウンロードしてください。
【ホームページアドレス http://www.mkensha.or.jp/ 】
2.郵便請求の場合は、封筒のおもてに「職員採用試験案内請求」と朱書きし、120円切手を貼った宛先明記の返信用封筒(角形2号)を同封のうえ、本会まで請求してください。
提出方法 1.郵送の場合、封筒のおもてに「職員採用試験受験」と朱書きし、裏面に住所及び氏名を明記のうえ、「簡易書留郵便」で郵送してください。
2.持参される場合は、平日(月曜〜金曜)の午前8時30分から午後5時15分の間で、持参ください。
※ 郵送・持参いずれの場合も、必ず52円切手(受験票送付用)を同封ください。
提出先 〒880-8515 宮崎市原町2番22号 宮崎県福祉総合センター内
社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 総務企画課 職員採用試験事務局
受付期間 9月1日(木曜)〜10月5日(水曜)
※ 平日(月曜〜金曜)午前8時30分から午後5時15分まで受付。
※ 郵送の場合は、10月5日(水曜)の当日消印まで有効。
受験票の
交付
申込書の受理後、書類選考を行い、受験資格を確認のうえ、受験票を郵送します。
なお、10月23日(日曜)までに受験票が届かない場合は、職員採用試験事務局へ御連絡ください。

採用予定日

平成29年4月1日(土曜)

給与

給与は、本会の規程に基づき決定します。

  1. 初任給 大学卒業程度  176,700円(平成28年4月1日現在)
    ※採用者の経歴等を勘案の上、決定されます。
  2. 諸手当 通勤手当、扶養手当、住居手当、期末・勤勉手当等の諸手当がそれぞれの支給要件
    に応じて支給されます。

勤務条件・休暇等

勤務時間は1日 7時間45分、原則として土曜、日曜は休みとなっています。休暇には、 年20日の年次休暇のほか、夏季休暇(3日間)等の有給休暇があります。

個人情報の取り扱いについて

 提出していただく書類は、宮崎県社会福祉協議会職員の採用選考のみに利用し、目的以外での使用は一切いたしません。採用選考終了時まで本会が責任を持って保管し、適切な手段をもって廃棄します。採用の合否に関らず返却しませんので、予めご了承ください。

その他

  1. 試験当日は、駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。
  2. 試験についての問合せ先
    社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 職員採用試験事務局(総務企画部総務企画課)
    電話:0985-22-3145
  3. 試験当日の緊急連絡先
    電話:090-4775-4131、090-7161-7489

試験会場

宮崎県福祉総合センター 宮崎市原町2番22号

<アクセス方法>
・宮崎交通バス「橘通4丁目」又は「橘通5丁目」バス停下車、徒歩5分程度
・JR宮崎駅からタクシー5分、徒歩20分程度
宮崎県福祉総合センター案内地図

社会福祉主事任用資格に関する科目指定

(昭和25年厚生省告示第226号)
社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉援助技術論、社会福祉調査論、社会福祉施設経営論、社会福祉行政論、社会保障論、公的扶助論、児童福祉論、家庭福祉論、保育理論、身体障害者福祉論、知的障害者福祉論、精神障害者保健福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、地域福祉論、法学、民法、行政法、経済学、社会政策、経済政策、心理学、社会学、教育学、倫理学、公衆衛生学、医学一般、リハビリテーション論、看護学、介護概論、栄養学及び家政学のうち3科目以上

※指定科目の読替え:上記指定科目名称以外であっても指定科目として認められる範囲(「読替え」と呼称)を規定しており、この読替えの範囲としてあげられている科目名と同じ名称の科目名を履修されていれば、この場合も指定科目を履修したこととなります。

 平成25年3月28日に社会福祉主事の任用資格の取得に必要な科目の読替え範囲等の一部が改正されましたので、指定科目及び読替え規定については、厚生労働省のホームページを参考のうえ、読替えの範囲等を確認してください。

  1. 当該改正以前に読み替えられた科目については、なお従前の例によることとされています。
  2. 大学等が科目の読替えの手続きを厚生労働省に行なっている場合に限り、異なる科目名でも通用することができますので、詳細については大学等に確認してください。

ホーム>社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会職員採用試験案内

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.