▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

 

ホーム福祉の仕事リレートーク一覧>池脇 きん子さん

リレートーク 人がだあーい好き:福祉の現場から若者へのメッセージ


宮崎県保育連盟連合会保育士部
部長 池脇きん子さん

【お仕事の内容は】
都城市の下長飯保育園で保育士をしています。 園児のお世話はもちろん保護者と子どもの絆を深める「家族支援」にも力を入れています。保育園内だけではなく、地域との深いつながりも築けています。

【福祉の仕事を選んだきっかけは】
一番は、子どもが大好き!ということです。嫁ぎ先が、たまたま「保育園」だったことも大きく影響されています。若い頃からもともと福祉の仕事には大変興味があり、ボランティアもしていました。朝から笑って楽しく出来る仕事はなかなかありません。保育士という仕事は天職です。

【福祉の魅力を一言で言うと】
現在の入園児の中の保護者には、この保育園を卒園した人が何人もいます。彼らを見ると「立派な大人に育ってくれたんだな」としみじみ思います。この仕事をやって来て本当に良かったと実感しています。

【若い世代へ】
福祉の仕事をよく理解してもらい、利益ばかりを追求しないこの仕事の素晴らしさを知ってもらいたいです。自分もそして関わった人みんなが幸せになるような人間になってください。

次回宮崎県精神保健福祉士会 会長 浅岡悦子さん

ホーム福祉の仕事リレートーク一覧>池脇 きん子さん

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.