▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

 

ホーム福祉の仕事リレートーク一覧>坂元 三枝子さん

リレートーク 人がだあーい好き:福祉の現場から若者へのメッセージ


皇寿園 介護課課長
坂元 三枝子さん

【お仕事の内容は】
宮崎市の「特別養護老人ホーム 皇寿園」に勤務しています。
利用者のかたが心地よく生活でき、職員も楽しく仕事ができるよう介護課全体の取りまとめをしています。
また、年間約150名の実習生の受け入れをしています。

【福祉の仕事を選んだきっかけは】
高校時代、 障害をもった子供から生きる力の強さを知り、変わっていく親の姿を描いた水上勉さんの「くるま椅子の歌」という本に出会って福祉系の大学に進みました。

【福祉の魅力を一言で言うと】
自分の存在を受け入れてくれる人達がすぐそばに居てくれるという実感を得られる事。
どんなに小さなことでも、お年寄りは「ありがとう」と言ってくれます。
未熟な自分を受け入れてもらってると感じ、それが更なる心と技術の成長を促すエネルギーとなっています。

【若い世代へ】
介護の仕事は専門性が求められます。
その専門性を高めるということで、今年12月に宮崎で「(社)日本介護福祉会第17回全国大会」が開催されます。
今後、ますます成長が期待される職種です。
俗に言う「3K」という言葉を私は「感激・希望・工夫」と思っています。

次回 延岡市社会福祉協議会 介護支援専門員 福永 治子さん

ホーム福祉の仕事リレートーク一覧>坂元 三枝子さん

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.