▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

 

ホーム福祉の仕事>介護等体験

義務教育職員免許取得志願者「介護等体験」事業

小学校・中学校教諭の普通免許状を取得するため、社会福祉施設等での介護等体験を必要とする学生に対し、社会福祉施設等(保育所を除く)への受入れ調整を行っています。

義務教育職員免許取得志願者介護等体験事業 実施要綱(PDFファイル:251キロバイト)
「介護等体験」についての注意事項(PDFファイル:253キロバイト)


事業の流れ

事業の流れイメージ図

  1. 社会福祉施設等から宮崎県福祉人材センターに年間受け入れ計画表を提出、大学等から宮崎県福祉人材センターに介護体験申込み
  2. 宮崎県福祉人材センターから社会福祉施設等に受け入れ可能か確認
  3. 受入可能の場合は宮崎県福祉人材センターから社会福祉施設等大学等に決定通知書を送付
  4. 大学等から宮崎県福祉人材センターに介護等体験費用の支払い
  5. 介護等体験の実施
  6. 社会福祉施設等から宮崎県福祉人材センターに体験終了の報告
  7. 宮崎県福祉人材センターから社会福祉施設等に体験費用の支払い
  8. 宮崎県福祉人材センターから大学等に年間体験状況の報告(希望者のみ)

様式

大学・短期大学用(大学・短大 → 県社協)

大学短期大学から宮崎県社会福祉協議会に提出していただく様式等

社会福祉施設用(社会福祉施設 → 県社協)

社会福祉施設から宮崎県社会福祉協議会に提出していただく様式

ホーム福祉の仕事>介護等体験

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.