▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

ホーム宮崎県障がい者権利擁護センター>宮崎県障がい者権利擁護センターのご案内

宮崎県障がい者権利擁護センターのご案内

宮崎県障がい者権利擁護センター

宮崎県障がい者権利擁護センターでは、使用者(障害者を雇用している事業主、事業の経営担当者など)による虐待の通報・届出を受理している他、障害者とその養護者への支援に関する相談・相談機関等の紹介、虐待防止に向けた広報・普及啓発に取り組んでいます。

『みんなで防ごう!障害者虐待』

障害者への虐待は、障害者に対する重大な権利侵害であり、絶対に許されるものではありません。
障害者虐待は、

虐待を防ぐためには、県民一人ひとりが障害者虐待に対する認識を深め、小さな兆候を見逃さずに早期に発見することが大切です。

障害者虐待防止法とは

障害者虐待防止法は、障害者への虐待を禁止し、その予防と早期発見のための取り組みを行うとともに、虐待を受けた障害者の保護や自立を支援し、養護者の負担の軽減を図るための支援について定めています。

また、障害者虐待に気づいた人は速やかに通報しなければならないという通報義務が定められました。

障害者とは

身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)、その他の心身の機能に障害があり、その障害や社会的な障壁によって、継続的に日常生活や社会生活を営むことが困難な人が対象となります。18歳未満の人、障害者手帳を取得していない人も対象となります。

 

ホーム宮崎県障がい者権利擁護センター>宮崎県障がい者権利擁護センターのご案内

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.