▼小テキストサイズ大▲

平成30年7月豪雨災害への支援状況について

平成30年7月24日 現在

1.本県から被災地への人的支援(九州ブロック社会福祉協議会災害時相互応援協定に基づく対応)

九州各県・指定都市において台風や大雨等による大規模災害が発生し、被災県独自では十分な災害応急活動等が実施できない場合は、九州ブロックの幹事県社協が被災県の情報収集を行うとともに、被災県社協からの応援要請に基づき、被災県以外の各県・指定都市社協に対して、応援する地域の割り当てや職員の派遣などの応援内容の調整等を行うこととなっています。
また、九州ブロック以外の災害への対応については、全社協からの応援要請がある場合、本協定を準用することとしています。
今回、全社協から幹事県である熊本県社協へ、広島県への職員派遣の要請がありましたので、宮崎県社協では以下の支援を行います。

(1)広島県呉市における災害ボランティアセンターの運営支援のため、次のとおり県社協及び市町村社協の職員を派遣

派遣期間 人員 県社協 市町村社協
第3クール(7月28日〜8月2日) 2名 1 宮崎市
第4クール(8月1日〜8月6日) 2名 1 都城
第7クール(8月13日〜8月18日) 2名 調整中
第8クール(8月17日〜8月22日) 2名
第11クール(8月29日〜9月3日) 2名
第12クール(9月2日〜9月7日) 2名

※第1、第2、第5、第6、第9、第10クールは他県の社協職員が支援

(2)広島県広島市における緊急小口資金(特例貸付)の受付業務支援のため、次のとおり県社協及び市町村社協の職員を派遣

派遣期間 人員 県社協 市町村社協
第2クール(7月29日〜8月4日) 2名 1 延岡市

※第1、第3クールは他県の社協職員が支援

2.県民の皆様への情報提供

関連リンク(募金関係)

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.