▼小テキストサイズ大▲

ホーム福祉サービス運営適正化委員会>苦情解決事業とは 仕組みとながれ

苦情解決事業とは 仕組みとながれ

事業者段階での苦情解決の仕組み

福祉サービスに関する苦情相談は、まず事業者に申し出ることになります。事業者は、苦情受付担当者や責任者をおき、さらに中立な第三者委員を任命し、話し合いによる解決に努めます。

宮崎県福祉サービス運営適正化委員会での苦情解決の仕組み

利用者と事業者との話し合いでは解決できない場合、また事業者に直接相談しにくいときは、苦情解決の専門機関である『宮崎県福祉サービス運営適正化委員会』に申し出ることができます。委員会では、利用者からの苦情相談を受けると、必要な助言や解決に向けた調査、あっせん等を行いその解決に努めます。不当行為のおそれがある場合は、宮崎県知事に速やかに通知し、改善への取組を図ります。

苦情解決事業のながれ

ホーム福祉サービス運営適正化委員会>苦情解決事業とは 仕組みとながれ

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.