福祉サービス推進室

地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス外部評価とは?

外部評価とは

  1. 厚生労働省の示す運営基準の中で、「事業所は提供するサービスの質を自ら評価するとともに、定期的に外部の者による評価を受けて、それらの結果を公表すること」が義務づけられています。
  2. 外部評価は平成14年度から認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)において開始され、平成18年4月からの介護保険制度改正により、新たなサービス体系として創設された地域密着型サービスの小規模多機能型居宅介護事業も対象となりました。
  3. 事業所の欠点をことさら指摘したり、一方的な外部からの指導を行うものではありません。

サービス評価のねらい

サービス評価のねらいイメージ画像

外部評価の最終目標

  1. 利用者及び家族の安心と満足を図ること
  2. ケアサービスの水準を一定以上に維持すること
  3. 改善点を明確にし、改善に向けた関係者の自発的努力と体制づくりを促すこと
  4. 継続的に評価を行うことを通じて、関係者による自発的な研修等によるケアの向上を促す教育的効果をねらうこと
  5. 地域密着型サービスに対する社会的信頼を高めること

本会は利用者(市民)及びサービス事業者から信頼される評価機関として、公正・中立な立場で客観的な評価に努め、事業者が評価の最終目標を達成できるよう支援します。

サービス評価の活用

事業所は次のステップに向けた取り組みにつなげるために、自己評価及び外部評価をもとに目標達成計画を作成します。(評価結果とともに市・町・村に提出、また、評価機関でもワムネットへ公表します)
また、利用者や家族、運営推進会議、ケア関係者、地域の方々、行政などのさまざまな立場のかたに幅広く活用されることが期待されます。

評価は次により行います

  1. 事業所の全職員で日ごろの業務の自己点検(評価)を行います。
  2. 利用者・家族は日ごろの"満足度"をアンケートにより評価機関に直接答えます。
  3. 評価調査員養成研修を終了した調査員2名が訪問し、自己評価結果や利用者家族アンケート等をもとに、1日かけて観察、ヒアリング、書類点検等を行います。
    ※外部評価業務の流れはこちら

評価は次のように決定します

  1. 評価調査員が訪問調査後に作成した調査報告書が事実と相違ないことを事業所に確認したうえで、最終的に評価機関が確定します。
  2. 評価の確定に際し、専門的観点が必要な場合は評価審査委員会に意見を求めます。
    ※評価審査委員会委員名簿はこちら

評価結果は確認できます

  1. 事業所の窓口で見ることができます。
  2. 独立行政法人福祉医療機構が運営するWAMNET=ワムネット(福祉保健医療情報ネットワークシステム)で閲覧できます。
  3. 本会が実施した事業所の評価結果はこちらです。

評価手数料(消費税込み)

小規模多機能型居宅介護
100,000円

認知症対応型共同生活介護

  • 1ユニット:100,000円
  • 2ユニット:130,000円
  • 3ユニット:160,000円

評価審査委員会委員名簿

任期 平成31年4月1日~令和3年3月31日

氏名 所属 選出区分
稲田 弘子 九州保健福祉大学 認知症介護に関する学識経験を有する者
原田 真一 黒木明秀法律事務所 法律に関する学識経験を有する者
吉田 雅憲 社会福祉法人明照福祉会 社会福祉事業経営者又は従事者
山田 一久 社会福祉法人スマイリング・パーク 地域密着型サービス事業者を代表する者
川辺 清人 認知症高齢者家族を代表する者
関屋 マサ子 評価調査員

評価結果

本会が実施したグループホームの評価結果はこちらです。 (WAMNETの地域密着型サービス外部評価情報へリンク)

外部評価業務の流れ

外部評価業務の流れの図


お申し込み・お問い合わせ

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 福祉サービス推進室

〒880-8515 宮崎市原町2番22号 宮崎県福祉総合センター 本館3階

電話:0985-22-3145

FAX:0985-27-9003

サービス評価の活用

サービス評価の活用へのリンク

様式のダウンロード

自己評価及び外部評価結果

目標達成計画(共通様式)

サービス評価の実施と活用状況(共通様式)

宮崎県福祉サービス第三者評価事業の御案内

社会福祉事業経営者の皆様へ-福祉サービスの質の向上のお手伝い

社会福祉法第78条に基づき、社会福祉事業経営者の皆様が福祉サービス利用者の立場に立って良質かつ適正なサービスを提供できるよう、自ら行うサービスの評価を、さらに第三者の立場から客観的に評価し、サービスの向上の支援を行います。

Point 1 第三者評価には2つの目的があります

福祉サービスの質の向上
福祉サービスの求められている、利用者本位のサービス実現のために事業者は自ら抱える課題を具体的に把握し、さらに第三者機関の客観的・専門的な評価を受けることによって、サービスの質の向上に向けて具体的に取り組むものです。

利用者への情報提供
評価結果を公表することにより、福祉サービスの利用者が自分にふさわしい施設やサービスを選択する際の有効な情報となります。

Point 2 義務ではありません

福祉サービスの質の向上は社会福祉法第78条に基づくものです。

Point 3 優劣、ランク付けではありません

サービス評価というと、事業所の優劣やA・B・Cなどのランク付けを行うものなどのイメージを持たれるかたが多いようですが、福祉サービスの第三者評価は、そのようなことを目的としたものではありません。

第三者からの評価を受けるメリット(社会福祉法人全国社会福祉協議会ホームページから抜粋)

第三者評価を受けることのメリットは、組織の内的な要素に対する効果と、対外的な効果の双方について整理ができます。これまでの検討過程において行われた試行事業やモデル事業等において、第三者評価基準の作成に向けて評価を受けていただいた事業所からの意見や感想をまとめるとおよそ以下のような効果が挙げられました。

組織の対内的な効果

  • 自らが提供するサービスの質について改善すべき点が明らかになる。
  • 改善すべき点が明らかになるため、サービスの質の向上に向けた取り組みの具体的な目標設定が可能になる。
  • 第三者評価を受ける過程において、職員の自覚と改善意欲の醸成、および諸課題の共有化が促進される。

対外的な効果

  • 第三者評価を受けることによって利用者等からの信頼の獲得と向上が図られる。

評価業務の主な流れ

  1. 事業者は評価機関との業務委託契約を締結し業務がスタートします。
  2. 事業所は自己評価を、利用者または家族のかたには利用者調査(アンケート)を実施します。
  3. 上記の書類等が提出された後、評価機関に所属する評価調査者を事業所に派遣し、評価基準に基づいて調査を行います。
  4. 評価調査者の調査結果を受け、評価機関は機関内に設置する評価委員会の審査を経て、評価結果を決定します。
  5. 事業所との同意により評価結果を公表します。
    標準的な評価の流れ

対象となる施設(サービス)

  • 障害者・児福祉サービス、保育所、高齢者福祉サービス など
  • 社会的養護関係施設(乳児院、児童養護施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設)

評価手数料

1事業所 300,000円+消費税

お問い合わせ

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 福祉サービス推進室

〒880-8515 宮崎市原町2番22号 宮崎県福祉総合センター 本館3階

電話:0985-22-3145

FAX:0985-27-9003

E-mail:hyoukamkensha.or.jp

お申込み

「福祉サービス第三者評価実施依頼書」

評価基準
コンテンツ

宮崎県社会福祉協議会が取り組む第三者評価事業についての情報です。

リンク

第三者評価に関する情報

評価結果

実施した評価結果を掲載しています。

児童養護施設 石井記念友愛園

設置主体:社会福祉法人石井記念友愛社

児童自立支援施設 宮崎県立みやざき学園

設置主体:宮崎県

児童養護施設 さくら学園

設置主体:社会福祉法人再生会

児童心理治療施設 ひむかひこばえ学園

設置主体:社会福祉法人清風会

障害者支援施設日章野菊の里 障害者支援センター

設置主体:社会福祉法人日章福祉会

特別養護老人ホーム大地

設置主体:社会福祉法人ひまわり会

乳児院 石井記念仁愛の家

設置主体:社会福祉法人石井記念友愛社

児童養護施設 鐘ヶ浜学園

設置主体:社会福祉法人鐘ヶ浜学園

救護施設 清風園

設置主体:社会福祉法人宮崎県社会福祉事業団

保育園 加久藤保育園

設置主体:社会福祉法人えびの福祉会

保育園 上江保育園

設置主体:社会福祉法人えびの福祉会

保育園 加久藤乳児保育園

設置主体:社会福祉法人えびの福祉会

ととろ保育園

設置主体:社会福祉法人 つくしんぼ福祉会

永寿園

設置主体:社会福祉法人 ひまわり会

障害者支援施設・障害児入所施設 あかつき学園

設置主体:社会福祉法人ひまわり会

関連先リンク集

宮崎県・市町村行政一覧 都道府県・指定都市社会福祉協議会関連リンク 福祉サービス運営適正化委員会 宮崎県民生委員児童委員協議会 宮崎県ボランティアセンター 宮崎県 赤い羽根共同募金