Branch Meetingとは

趣旨

2019年度にスタートした「広がれ、助け合いの輪!みやざき交流集会」は、地域の課題解決のために、所属や制度などに縛られることなく、あらゆる職種・立場の方が気軽につながることのできるネットワーク作りを目指してきました。

複雑化・多様化している現代の地域課題解決には、様々な立場の人たちが、連携・協働して新たな取組みに挑戦することが非常に重要です。加えて、新型コロナウイルスの影響により、私たちは、大きな生活変容の中で、新たなニーズへの対応が求められている状況にもあります。

そこで、交流集会だけではなく、皆さんが抱えている様々な悩みや実現したいこと、そのために知りたい情報等をもっと気軽に共有でき、交流の輪が広がる場を作りたいと考え、2021年から幾つかの小規模な「福祉に関する井戸端会議」=Branch Meetingを開催することとしました。

Branch Meetingに来れば、何らかのヒントがもらえる、誰かと出会える、そんな「ヒトと情報のプラットフォーム」になることを目指しています。

Branch(ブランチ)とは?

「Branch」とは木の枝、木の幹から分かれた枝のことを指しています。

  • 「交流集会が木の幹であり、そこから枝分かれしている会議」
  • 「交流集会を本流とすれば、その本流に流れ込む支流のような会議」

そんな場をイメージしています。

また、ブランチにはもう一つ意味があります。

Branchの「a」を「u」に変えると、「Brunch」=朝食と昼食を兼ねた食事という意味になります。
この会議が、軽食を食べながら、コーヒーを飲みながら、気軽に集える場になれば...という意味も込めて、「Bra(u)nch Meeting」と名付けました。

ぶーら・ボ~ラ 社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 赤い羽根共同募金 宮崎県 民生委員児童委員協議会