交流集会から生まれた協働実践

R3年度協働実践事例(生活支援体制整備事業)

【 概 要 】

かんたんな生活支援サービスを提供する住民主体のボランティア団体(てつだっちゃろ会)が利用しているイー・アンド・エム社のアプリ「you守りnote」について、ICT化推進に向けて今後の展開を見据えながら取り組みました。

【連携した機関・団体等】

システム開協力/イー・アンド・エム株式会社

協力団体/てつだっちゃろ会(生活支援サポーター)

【取り組みの成果と今後の課題】

社協が養成した生活支援サポーターによる活動団体「てつだっちゃろ会」の活動により、"上階に住んでいるため重い荷物が運べない"などという地域課題の解消につなげることができました。活動の中で、注文間違いなどの防止や事務局との情報の共有のため、アプリを導入することにより、活動がよりスムーズになりました。しかし、利用者・支援者共にアプリが使いこなせない方が多いため、今後、サロン等で学習会を開くなど計画していきたいと考えます。

★生活支援サポーター「てつだっちゃろ会」の活動の一例★

E&M➀.jpg   買物代行➀.jpg

    システム開発協力企業+生活支援コーディネーターのZOOM会議         アプリを使った注文票を見ながらお買い物。

買物代行②.JPG   買物代行③.JPG

レシートを撮影してアプリに登録して記録します。       商品を届け、100円/1回のチケットを受け取ります。

ぶーら・ボ~ラ 社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 赤い羽根共同募金 宮崎県 民生委員児童委員協議会