みやざき交流集会とは

趣旨

近年複雑化している様々な社会課題やニーズに対応していくためには、市町村自治体や社会福祉協議会、NPO法人や企業、市民活動団体等、個々の取組みだけでなく、それぞれの活動をつなぎながら、情報を交換し合い、そのネットワークを広げていくことが非常に重要になります。そのためには、日頃から様々な支援活動を展開している皆さんが顔を合わせ、交流できる「場」が必要です。

しかしながら、これまで県内においてはそのような「場」がなく、支援活動の様々な方法やそのヒントを共有したり、思うような活動展開や広がりを持てずに悩んでしまうケースも多かったのではないでしょうか?

そこで、「地域の困りごとを1つでも解決したい」という純粋な思いのもと、世代や所属などに縛られず、制度などにも捉われず、様々な活動を行っているもの同士が気軽につながれるネットワーク作りを目指して、2019年、「広がれ、助け合いの輪!みやざき交流集会」は始動しました。

多様化・複雑化する地域の困りごとに更に向き合っていくためにも、そのオモイを「共有」し、お互いの目的に「共感」しながらココロをつなげあい、つながることで新たにデキルことを積み上げながら、「協働」し成長できるネットワークを皆さんと作っていくことを目指しています。

kouryu_img.png

みやざき交流集会のロゴマークについて

kouryu_logo.png

この集会に参加してくださった方々が綿毛となり、やさしさや思いやりの詰まった種を、県内至る所に運んでいきます。
みなさん一人ひとりがつながることで、「たすけあいの輪」が広がっていく様子を、「たんぽぽ」に見立ててデザインしたロゴマークです。

ぶーら・ボ~ラ 社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 赤い羽根共同募金 宮崎県 民生委員児童委員協議会