▼小テキストサイズ大▲
新着情報 セミナー・イベント情報 助成金情報 福祉の仕事 社協の事業からご紹介 会員募集 法人情報

セミナー・イベント情報のメニューをスキップして、本文へジャンプ。県社協主催情報一覧|関係機関主催情報一覧イベント開催報告一覧本文へジャンプ。

ホーム県社協主催情報一覧>「平成30年度宮崎県老人福祉サービス研究大会」を開催します。

平成30年度宮崎県老人福祉サービス研究大会《第18回》開催要綱
我々がみやざきの介護・福祉を牽引する!
〜サービスの質の向上とブランディング〜

開催趣旨

少子・高齢化や世帯構成員数の減少による単身高齢者世帯の増加が進む中、地域社会におけるつながりや家族関係が希薄化し、貧困や孤立死など深刻な問題が地域では顕在化してきています。
また、平成30年度の介護報酬改定においては、自立支援・重度化防止に資する質の高い介護サービスや生産性の向上、介護サービスの重点化・適正化が求められる内容となりました。厳しい財政状況や人材確保の課題がある中で、ますます生産性向上や業務効率化の推進が図られていますが、このような時こそ、社会福祉事業を実施する者として、利用者側に立った視点で、福祉サービスの質を常に見直して、より質の高いサービスの提供に向けて取り組んでいくことが必要であり、また介護の魅力を世間に訴えていかなければなりません。
このような状況を踏まえ、本研究大会は、高齢者福祉の永続的な発展に向け、質の高いサービスを安定的に提供するため、利用者本位のサービスとはいかにあるべきかを整理するとともに、実践発表をとおして、今後あるべきサービスの展開について考えるために開催するものです。

主催

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会
宮崎県老人福祉サービス協議会

後援

宮崎県 宮崎県市長会 宮崎県町村会 宮崎県市町村社協連絡協議会 宮崎県地域包括・在宅介護支援センター協議会

期日

平成31年1月21日(月曜)

会場

シーガイアコンベンションセンター 4階 サミットホール他
〒880-8545 宮崎市山崎町浜山 TEL:0985-21-1155

参加対象

  1. 正会員及び準会員施設・事業所の施設長及び職員
  2. 老人福祉施設・事業に関わる行政、社会福祉に関心のあるかた
  3. 学校関係者、学生

参加定員

500名

参加費

正会員、準会員:無料
非会員:9,000円
行政、学校関係者、学生:無料

日程

9時受け付け。10時開会式、10時30分記念講演。12時〜12時50分昼食・休憩。12時50分から分科会。16時閉会。

内容

時間 内容
9時 開場・受付開始
10時〜10時30分 開会式
10時30分〜12時 講演「認知症ケアの根本」(仮題)
特別養護老人ホームよりあいの森 施設長 村瀬 孝生 氏
(プロフィール)
1964年島根県生まれ
1996年より「第2宅老所よりあい」所長
2015年より「特別養護老人ホームよりあいの森」施設長
 (著書)
「おばあちゃんがぼけた。」、「あきらめる勇気〜老いと死に沿う介護」、「認知症をつくっているのは誰なのか」等
12時〜12時50分 昼食・休憩
12時50分〜16時 分科会(講演、実践研究発表)
16時 閉会
●分科会テーマ一覧●
分科会 分科会テーマ 運営スタイルと発表テーマ例
1 介護事業経営の実践と工夫 【講演】
「地域ニーズに基づいた事業展開」(仮題)
アザレアンさなだ 総合施設長 宮島 渡 氏
【実践発表】2施設
2 特別養護老人ホームの実践と工夫 【講演】
「介護技術から生活支援技術へ」(仮題)
富山県社会福祉協議会富山県福祉カレッジ 教授 田中 雅子 氏
(公益社団法人日本介護福祉士会 名誉会長)
【実践発表】3施設
3 養護老人ホームの展開 【講演】
「養護老人ホームを取り巻く現状と、ソーシャルワークに基づく専門的支援とは〜厚生労働省委託事業の成果を踏まえて〜」
城西国際大学 教授 清水 正美 氏
【実践発表】3施設
4 軽費老人ホーム、ケアハウスの展開 【講演】
「H29年九州北部豪雨災害時の対応」(仮題)
特別養護老人ホーム宝珠の郷 施設長 尾花 拓也 氏
【実践発表】3施設
5 在宅の個別ケアの実践と工夫 【講演】
「在宅サービスを提供する事業所が今後力を入れていくべきこと」(仮題)
株式会社グッド・シェパード 代表取締役 馬袋 秀男 氏
(一般社団法人「民間事業者の質を高める」全国介護事業者協議会 顧問)
【実践発表】2施設
6 居宅介護支援事業所の実践と工夫 【講演】
「介護報酬改定を踏まえて、また、次の改正を見通して、ケアマネが何を意識して業務を行うべきか」(仮題)
国際医療福祉大学 教授 石山 麗子氏
【実践発表】3施設

実践研究発表について

実践研究発表は各ブロック等を通して選定いたします。

申込手続き

  1. 参加申込みについては、各所属施設・事業所で参加者を取りまとめの上、平成30年12月21日(金曜)までに下記事務局あてにFAX又は郵送によりお申込みください。
  2. 各分科会は、会場の都合で人数制限・調整をさせていただく場合があります。「参加申込書」に、御希望の分科会を番号で、必ず「第2希望」まで御記入ください。なお、平成31年1月7日(月曜)を目途に参加決定通知を送付しますので、分科会番号はそちらで御確認ください。
  3. 非会員施設における参加費については、お申込み受付後、振込用紙をお送りしますので、指定の期日までにお振り込みください。
  4. 非会員施設における参加の取消しは、平成31年1月18日(金曜)の午後5時までに御連絡ください。それ以降の取消しについては、参加費の返金はいたしません。また、参加費の返金については振込手数料を差引いて送金することもございますので、予め御了承ください。なお、上記の期日までに御連絡がなく大会を欠席された場合には、資料の送付をもって参加費を申し受けさせていただきますので御了承ください。(上記期日までに参加費振込が無く、参加取消しの御連絡をいただいていない場合も、後日参加費をお振り込みいただき、資料を送付しますので御了承ください。)
  5. 実践研究発表者(操作補助者含む)となっているかたについては、参加申込書に記載いただく必要はございません。

個人情報の取扱い

  1. 本大会「参加申込書」に記載された個人情報は、運営に関する業務以外の目的には使用しません。
  2. 参加申込者の同意なしに他の事業者など第三者に個人の情報は提供しません。
  3. 取得した個人情報データについては、適切な管理を行います。
  4. 「施設等名」「氏名」「役職名」「分科会番号」等を記載した参加者名簿を当日配付します。

その他

  1. 昼食について
    事務局にて御用意いたしますので、御希望のかたは別紙「参加申込書」の所定欄に○印を付けてください。
    なお、記載がない場合は、不要として取扱いますので御承知おきください。
  2. 御不明な点は、下記事務局に御連絡ください。

問合せ先及び事務局

社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会/施設支援課(担当:井上)
〒880-8515 宮崎市原町2-22 県福祉総合センター
TEL:0985-22-3380 FAX:0985-23-3160
E-mail:s-inouemkensha.or.jp

ホーム県社協主催情報一覧>「平成30年度宮崎県老人福祉サービス研究大会」を開催します。

copyright Miyazaki Council of Social Welfare. All right reserved.